日本の神聖な町のウイスキー

奈良

神息』の物語は、奈良の8世紀の寺院がたくさんある神聖な場所で生まれました。奈良は古代日本の都であり、数多くの古いお寺がある町です。

神社

奈良の大神神社は、日本最古の神社の一つです。それは日本の酒造の守護神です。奈良は長い歴史のある酒造屋がたくさんある町として知られています。 この酒造屋は大神神社に守られています。

ウィスキー

日本の自然と伝統ある酒造職人の技を守っていきたいと思いました。

ブレンド

世界中から最高品質のモルトウイスキーを選び、この独特なブレンドを日本の最高品質の純粋な湧水と融合させました。

オリジナルの二次成熟

吉野杉は世界で 「日本杉」として知られています。木の香りが強く、昔から酒樽を作るのに最高の木材と考えられています。

吉野杉の熟成は日本の酒造りで香りや味が最も強い木材と知られています

私たちのブレンド方法は、吉野杉の樽で2度熟成し、結果滑らかでオリジナルな味に仕上がりました。
KAMIKIは「世界初の吉野杉樽熟成ウイスキーブランド」です。

商品の意味

大宮神社は、神社を守る神山である三輪山の麓にあります。

三輪山には多くの伝説があり、古代から神の神聖な山として崇拝されています。

神の山から流れてきた来た美しい風に触れ、「神」は「GOD」を意味し、「息」は「BREATH」を意味するウイスキー『神息』と名付けました。

神息ウイスキー

日本生まれの梅と品質の高いオークを味とし、ハチミツとキャラメルの風味、サンダルウッドと緑茶の香りのバランスを 48%のアルコールで最大限に保ちます。

結果とし生産本数に限りがあります。